2004年3月号
北海道は旭岳登山口 湧駒荘にて

前略
友人と旭岳に来ております。
瀬戸内に住んでいましたら、
想像も付かない寒さに、 しばし寡黙になり、
間違いなく神々を信じたくなるその絶景に
驚き酔いしれ、
合わす目は笑いが出るだけです。

一面雪と氷の世界と思いきや、
ウサギたちの足跡を見つけました。
山で出会った登山家が語り合います。
「動物が走り出したなぁ・・・・」。
旭岳の春の使者は、どうも動物の足跡らしいです。

写真家 村上宏治
写真家 村上宏治 その夜、宿の暖炉にあたりながら、不思議と忘れていたはずの、
あの山の歌をを唄っていました。

暖炉の、揺らぐ炎にあの日の事が、
雪解けをいざなう春風に似て蘇ってきます。
いにしえと、
来るべき未来の予感に もう少し暖まろうと思います。

抱かれし 母の香りぞ 炎の暖
そんな詩を思い出します。
北海道は旭岳登山口、湧駒荘にて
写真家 村上宏治
トップページに戻る
Copyright(C) 2004 ERM・村上宏治 All rights reserved.