2004年11月号
焼きおにぎり
何故なのか、
想い出すはあの日のぬくもり、
それは私だけでしょうか・・・・・

秋晴れの良いお天気が続きます。
高く透き通った空を見上げると
秋が、少しずつ、少しずつ
深まっていくのを感じます。

花水木の葉も色づき
小さな赤い実が 鳥たちを喜ばせ
出勤途上のアスファルトの道に
コツン、コツンと
食べ終えた種を落とす音を響かせながら
送り出してくれます。

写真家 村上宏治
少しずつ、オレンジ色の小さな花をつかせ始めた金木犀の並木も
優しく甘い香りを漂わせ始めました。

郵便受けからは、茶色い枯れ葉のお手紙が一通 「秋が、来たよ。」と伝えてくれています。

木枯らしが吹き始めるまでの少しの間 柔らかな秋の日ざしを浴びながら
今年の秋は、何をしようかな? そんなことを思いめぐらします。
思いめぐらしている時間の方が長くて気がつくと、次の日になってしまっていて・・・

でも、思いめぐらして過ごす秋というのも たまには、良いのかも知れませんね。
トップページに戻る
Copyright(C) 2004 ERM・村上宏治 All rights reserved.