メリーゴーランドって不思議ですよね


 考えてみたらターンテーブルに白馬や馬車が乗っかってクルクル廻るだけ、テーブルの上にあるオブジェは上下に動くだけ、そして一周廻って風景が変わるかと言えば同じ事の繰り返し、何が面白いのかと思ってみたりしても心当たりは浮かばずで、何の変哲も無いただの廻って上下するだけの物なのに、これまた観覧車と同じで振り返ったら何と不思議、自分自身が見えてくるのですよね。

 ゆっくりと廻ってるはずのメリーゴーランド。乗ってみるとこれがナカナカ早く感じてしまうのです。動き出したとたんまるで時空空間をワープしたかのように、どんどんと子供時代が現れてきます。一回りしたら母に会えたり、 あの人に会えたり、お姫さまや、王子さまになってみたり、みんなもそうなのかなぁ。考えてみるとメリーゴーランドってメルヘンチックな響きが有るし、胎内回帰のような安堵感が有るし何だか春のポカポカ陽気の中にでも入ったような気がします。それに何だか夜のそれってクリスマスツリーの飾り付けみたいで奇麗ですよね。何だか安心安堵感で包まれてしまいます。

 そう言えば今回取材をさせて頂いてる時何人かの人が乗られていました。とても幸せそうに笑っていました。子供はお母さんに手を振り、彼女は輝き彼に微笑み返し…

 かってにやって下さい。とばかりに知らん顔してシャッター切ってたら私のスタッフが手を振ってくれまし た、情けないやら虚しいやらでメリーゴーランド。私の神聖な想い出に唯一の汚点を創った気がします。これ もまた何時の日か笑える思いでと化すのでしょうか。

前のページ INDEXへ 次のページ

erm@ermjp.com