学芸員の梅林先生編集後記

龍への旅・尾道・編集後記にかえて

 神龍は深泉に蔵れ、猛獣は高岡に歩む。〔曹操「却東西門行」〕
梅林先生
梅林信二先生
 龍は深い泉に身を隠し、獣は高い岡で歩くように、人にも安住できる場所がある という中国の名言があります。小林和作にとって、この安住できる場所が、尾道だったのではないでしょうか。
 来尾した当初について、多くは語られていませんが、和作は失意のどん底にいま した。そこには孤独感が横たわり、自己との対話を迫られました。しかしこの孤独こそが、画家・小林和作を誕生させたのではないでしょうか。その後の活躍ぶりは、多くの方々が語られるよう天衣無縫の大人として、また、名のごとく人の和を作る達人でもありました。
 古くから尾道に伝わる龍の民話があります。大筋では、次のような物語です。尾道に静かに暮らしていた龍が、人々にあれやこれやと頼まれ過ぎて、面倒になったので、曼荼羅堂の和尚に相談をしてみるが、結局、名残惜しみつつ、天へ帰っていくというお話です。
 仏教の聖典よれば、「龍」とは煩悩の尽きた心のことであるといわれています。わが身の足下を掘り進んで行けば、ついには、この龍を観ることになると説かれています。和作先生は、この尾道から、「龍」への旅に逝かれたのだと想います。

[このページは尾道市、尾道市立美術館、各方面の許可のもと公開しています]



HOME 尾道探訪 文学芸術探訪 小林和作
今回掲載されています作品に付いては、作品の権利保護の為
あえてオリジナルのものと多少の色再現を変えております。
著作権保護の為二次使用は厳禁いたします。
Copyright by ERM