小林和作への旅

 ご あ い さ つ 

 尾道市は、明治31年(1898) に市制を施行し、本年で100周年の記念すべき年を迎えました。折しも当市の名誉市民である洋画家・小林和作画伯(1888-1974) の生誕110年を迎えます。
春の海  小林画伯が初めて尾道に移り住まれたのは、春陽会を辞して、独立美術協会へ移籍された直後の昭和9年(1934)年のことであります。以来40年間、図らずも画家として過半の人生をこの地で過ごされ、あの「豊麗な色彩」と「堅固な構図」で親しまれる独自な画境を深められました。
 『小林芸術』の真髄は、春秋の風景を描いた油彩画の多くに観ることができます。そして、その源流に「美の構図」を求めて、全国各地を踏破し、大自然の中に腰を下ろして克明に描かれた水彩画の存在も忘れることができません。
尾道の風景  このたびの展覧会は、代表作である油彩画の優品約55点と全国各地を描いた水彩画の秀作約35点で構成し、それらの構図の中に画伯の「原風景」ともいえる場所についての考察を試みます。さらに本展を通じて、画伯と「尾道」という場所との関連性を広く地域の人々に顕彰しようとするものです。
 本展の実現に際し、甚大なご協力をいただきましたご遺族をはじめとする作品所蔵家の方々、各関係機関、またご助言、ご協力くださいました関係者の皆様に、心より感謝いたします。
1998年10月     
尾道市立美術館
潮流 佐田岬


 ご 利 用 案 内 
■尾道駅から東行きバスで「長江口」下車、ロープウェイで乗り継ぎ千光寺公園へ(直行便は便数が少ない)
■尾道駅および新尾道駅からタクシーで1,200円程度
■自家用車の場合、千光寺山ドライブウェイ経由でかおり橋駐車場へ(利用者は200円割引有)

尾道市立美術館 〒722-0032
広島県尾道市西土堂町17-19
TEL&FAX.(0848)23-2281

   尾道美術館地図

[このページは尾道市、尾道市立美術館、各方面の許可のもと公開しています]



HOME 尾道探訪 文学芸術探訪 小林和作
今回掲載されています作品に付いては、作品の権利保護の為
あえてオリジナルのものと多少の色再現を変えております。
著作権保護の為二次使用は厳禁いたします。
Copyright by ERM