お金を使ってペンダントを作りたいのですが、問題はありますか?

貨幣の場合、貨幣自体を傷つけなければ問題ありませんが、穴を開けたり故意に曲げたり して傷つけると、「貨幣損傷等取締法」に違反し罰則が適用されます。

いずれにしてもお金は私たちの生活に欠かせないものですから、大切に扱いましょう。

○ 貨幣損傷等取締法(昭和22年法律148号)
○ 第一条 貨幣は、これを損傷し鋳潰してはならない。

BACK
HOME

ご意見・ご感想・お問合せはこちらへ
Copyright by ERM
無断にて複写・複製をすることは、著作権の侵害となります。
転写等の際にはあらかじめ当方に御連絡ください。