プルーフ貨幣とは何ですか?

プルーフ貨幣(Proof coin)の本来の意味は、照合用試鋳貨幣(基準となる貨幣)という ことですが、一般的には、一般流通を目的としない収集用コインとして、ピカピカに磨い たコインのことをいいます。

プルーフ貨幣の製造に当たっては、表面を入念に磨き上げた極印(貨幣用金型)を使用す るほか、貨幣の模様を深く明確にするために刻印は二回打ちするなど、特殊な技術を用い て特に念入りに製造されます。

日本で製造、販売されているプルーフ貨幣は、表面の凹部が鏡のような光沢をもち、凸部 の模様をつや消しにして浮出させたものとなっていますが、外国では、表面全てを鏡のよ うに光沢を持たせたものもあります。

○通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律(昭和62年法律第42号)
第十条 政府は、次に掲げる貨幣を販売することができる。
二 特殊な技術を用いて製造し表面に光沢を持たせた貨幣

BACK
HOME

ご意見・ご感想・お問合せはこちらへ
Copyright by ERM
無断にて複写・複製をすることは、著作権の侵害となります。
転写等の際にはあらかじめ当方に御連絡ください。