「3時のおやつ」は、どうして「8つ」?

3時におやつを食べますが、なんで3時なのに「8つ」なんですか? 八ツの頃に食べたからです。

おやつの語源は我が国で用いられていた時刻制度に由来します。

我が国では明治5年以前は不定時制を用いていました。この時刻制度では昼、夜の長さを それぞれ6等分して1刻(いっとき)としましたが一年を通じて日の出日の入りの時刻が 変化するため、季節によって1刻の長さは変化しました。このような時制では例えば夏至 の頃には昼の一刻が2時間40分、夜の一刻が1時間20分と、現在の視点からは奇妙に見 えます。

奇妙と言えば、時刻の数え方も奇妙です。
日の入り35分後の頃を暮れ六ツ、日の出35分前を明け六ツとしましたが、日本の時刻制 度では時の数を逆に読みました。具体的には次の通りです。

六ツの一刻後に五ツが来て、五ツの次に四ツ、そして以下同じように一日中を六ツ、五ツ、 四ツ、九ツ、八ツ、七ツ、六ツ、五ツ、四ツ、九ツ、八ツ、七ツ、としました。不思議な ことに一ツ、二ツ、三ツは用いられませんでした。このような方法がとられた理由につい てはよく分かっていません。

有名な落語「時うどん」(関東では「時そば」)でもこの時刻制度は登場します。この落語 の中では夜の屋台でうどんを食べた熊さんが支払いの時に一文銭を一ツ、二ツ、と数え、 八ツめを数えたときに「今何時(なんどき)だ?」と屋台のおやじにたずね、「へい九ツ で」と答えさせた後、「十、十一、十二、これで十二文」と支払いを一文ごまかし、落語 を聞きに来たお客の笑いを誘います。この落語の九ツは真夜中の12時頃になります。 既にお気づきのかたもおられるかもしれませんが、おやつは正午の頃(九ツ)の一刻後、 つまり八ツのころ(現在のだいたい午後2時?3時ごろ)に食べることに由来しています。

BACK
HOME

ご意見・ご感想・お問合せはこちらへ
Copyright by ERM
無断にて複写・複製をすることは、著作権の侵害となります。
転写等の際にはあらかじめ当方に御連絡ください。