宇宙はいつどうやってできたの?

 太陽のまわりには、地球もふくめて9個の惑星(わくせい)と、たくさんのすい星や小 惑星(しょうわくせい)たちがあり、太陽を中心に回っています。これを太陽系と いいます。

そして、太陽のように自分自身でかがやいている星が約2000億個ほど集ま っているのが銀河系(ぎんがけい)です。宇宙には、この銀河系と同じような 星の集まりが数千億個あると考えられています。

 今からおよそ60年前に、アメリカのハッブルという博士が、銀河系のような星のグル ープどうしの距離(きょり)が、だんだん大きくなり、おたがいがはなれていって いて、しかも地球から遠い星たちほど、はなれるスピードが速いということを発見しまし た。つまり、これは、宇宙は風船のようにだんだんとふくらんでいるということを 意味しています。

 そして彼は、そのことを逆に考えて、宇宙のはじまりはいつなのかを計算してみました。 すると、今から150億年から200億年前、宇宙はある一点に集まっていた ことがわかったのです。あるとき、何かの原因(げんいん)で大きな爆発(ばくはつ)が 起こり、この爆発をきっかけに宇宙はものすごいスピードでふくらみはじめたのです。

 この大爆発のことをビッグバンといいます。これが、宇宙が生まれた瞬間(しゅんかん) です。生まれて間もない宇宙は、非常に高い温度と強い圧力の世界であっ たようです。もちろん今のように星などありませんでした。それが、長い年月をかけて、 ようやく今のような宇宙になったのです。
学研サイエンスキッズ ハイパー科学なぜなぜ110番

BACK
HOME

ご意見・ご感想・お問合せはこちらへ
Copyright by ERM
無断にて複写・複製をすることは、著作権の侵害となります。
転写等の際にはあらかじめ当方に御連絡ください。