スペース クリストーフォリ 堺
Fortepiano Yamamoto Collection

 ここ数年来、日本でもオリジナル楽器を用いたコンサートが開かれることが多くな って、ヤマモトコレクションのフォルテピアノを各地のコンサートホールに貸し出し する機会も増えてきました。しかしながら、そのホールが時には大きすぎたり、響き が良くなったり、理想的とは言い難い時もあり、その楽器の性能を十分に発揮できず に残念な思いをするこが多々ありました。

 スペースクリストーフォリ堺は18−19世紀のフォルテピアノを囲んで開かれた であろう室内演奏会を、修復された当時の鍵盤楽器で本格的に再現しようと設計され たホールおよび工房を備えた住宅です。樹皮を落としただけの直径40pの京都北山 杉の列柱で支えられた下見板張りと漆喰の壁による吹き抜けの空間、コンサートの余 韻が覚めやらぬうちに談笑し、茶会を楽しむ外部空間としての中庭。大空間のコンサ ートホールとは違い、約100人余りのための音の楽しみを演出してくれる空間、そ れが“スペースクリストーフォリ堺”です。

 “スペースクリストーフォリ堺”におけるコンサートは、年5〜6回行われており ます。コンサートを行わない時には、歴史的鍵盤楽器資料館としてフォルテピアノヤ マモトコレクションのピアノをご希望に応じて公開しております。

 今からさかのぼることおよそ300年、西暦1700年頃にピアノを発明した、イ タリア人バルトロメーオ・クリストーフォリを敬服してやまない我々は、このヤマモ トコレクションのフォルテピアノのための空間を「スペースクリストーフォリ堺」と 名付けて1998年9月にオープンさせました。

 昨年6月の柿落としには、コレクションのクラヴィコード(ニコラ パラッチ ー)、チェンバロ(ルッカースモデル)、ピアノ5台(J.A.シュタインモデルレプリ カ、M.A.シュタイン、J.B.シュトライヒャー、ベヒシュタイン、エラール)を使い小 林道夫、武久源造、畑儀文を中心に11人の第一線で活躍されている演奏家による、 フローベルガーからラヴェルに至るまでのピアノの変遷および音楽の流れをたどると いう趣向の5時間におよぶ盛大な宴を催しました。

 これまでに10回の自主企画コンサートを開催し、海外からもアーティストを招聘 し、そのつどプログラムに最もふさわしいピアノを使用するということが話題になり 好評を博しています。

 来年西暦2000年には、バルトロメーオクリストーフォリによりピアノが発明さ れてからちょうど300年という記念すべき年にあたり、我々の復元楽器クリストー フォリピアノは、オーストリア国立ウィーン芸術史博物館により招聘され、6月5日 に、鍵盤楽器の天才奏者 武久源造によるコンサートが同博物館において開催される 予定です。

山 本 宣 夫 / 波 多 野 みどり

所在地:〒599−8126 大阪府堺市大美野119−12
Tel./Fax.(0722)37−3940
e-mail.kinkipiano@aol.com