素食の旅 タイトル

中国新聞 『洗心』 で連載中の
「素食の旅」は、写真家村上宏治が
時代を乗り越えて来た人たちの
その時々を支えた
「心に残る素朴な料理」を
取材して紹介したものです。
当ページでは2001年1月から始まった
連載のバックナンバーを掲載しています。

≫中国新聞ホームページへ


ポケットに入れ父母に感謝
イリコ炒り '01/12/25
妻思い瀬戸の朝を描けた日
ワンワン飯 '01/12/18
気合入れて食べ突貫工事
根性どんぶり飯 '01/12/4
宮島で父が教えた味な知恵
アサリのあぶり焼き '01/11/27
家族粉まみれ年の瀬懐かし
ミカン餅

'01/11/20

どん底の時代励まし合う
河童の杖 '01/11/13
仕事も釣りも燃えた親父
嫁のはぶて焼き '01/10/30
つらくも懐かし栗の季節
黄金飯 '01/10/23
稲刈りお手伝いの「勲章」
焼き米 '01/10/16
機織った遠い古里の鍋
雪けし '01/10/9
シェフの修行時代の思い出
チキンカレー '01/9/25
客の顔浮かべ巻いた日々
春日食堂の卵焼き '01/9/18
命救われたあの日の朝食
八寸煮 '01/9/4
少女時代に戻れる香ばしさ
ケンビキ焼き '01/8/28
線香花火とともに父の供養
ふかし金時芋 '01/8/21
おから握った苦学の時代
あずまずし '01/8/14
具だくさん亡き保母の流儀
大根のすいとん白味噌汁 '01/7/31
島を出た日の懐かしい味
イギス豆腐 '01/7/24
話題と夢語る第2の舞台
サイドカー '01/7/17
深夜の板場今思う父の背
かつお茶漬け '01/7/10
亡き父の母へのいたわり
梅人参煮 '01/6/5
炭も焼いたマタギの常食
酢飯 '01/5/29
保健船で子らと分かち合う
クルミお焼き '01/5/22
釜の湯気に集うだんらん
カンコロ '01/5/15
里思う奉公先の祖母の糧
めし焼きもち '01/5/8
思い出す父の前掛け姿
梅醤油番茶 '01/5/1
特攻隊思い今もすする練習
盛り蕎麦 '01/4/24
真剣勝負の仕事場の記憶
はったい粉 '01/4/17
宮大工の息抜き遠い昔
黒七味の卵かけご飯 '01/4/10
人とアビの信頼関係学ぶ
船上のタイ飯 '01/4/3
難しい味付け修行の一品
牛すじ煮込み '01/3/27
精進への不思議な贈り物
黄身のみそ漬け '01/3/20
素朴な食感シェフの原点
駄菓子屋のもんじゃ焼き '01/3/13
沖縄の友思うおやつ
みそ焼きおにぎり '01/3/6
冒険島で知った自然の甘み
イモ粉焼き '01/2/27
海に生きて知る恩恵の味
でべらのヒレ酒 '01/2/20
修行僧の糧忘れられぬ味
タチッポ漬け '01/2/6
人の子しかる「母」の食感
コンニャク入りたこ焼き '01/1/30
消防士の疲れいやす味
沢庵いため '01/1/23
厚み増して実感した平和
日の丸弁当
'01/1/16
神仏へのお供え生かす心
イリ・イリ
'01/1/9

©2001 中国新聞 ・村上宏治 All rights reserved

サッチャン

Horizon in Time of Memory

オーサリング

 吉永 直樹

 末本 房子 (Freak-out)

 熊本 庄三郎 (Freak-out)